『新型567に効果のあるサプリにはご留意を』

 

新型567枠●●注射後に心臓血管障害で人工呼吸器に繋がれた状態であった中日ドラゴンズの木下投手(27歳)が、8月3日に帰らぬ人になっていたことがニュースとなっていました。

 

枠●●接種後3週間ほどのことだったようです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

27歳の若年者が、新型567なる病態で亡くなるのは、いくら数字を膨らませても先日エビデンスをお伝えしたとおり、0.001~0.004%程度です。

 

過去記事でお伝えしたように、枠●●によって3人の命が救われるのに、2人の枠●●接種死亡を出しています(The Safety of COVID-19 Vaccinations—We Should Rethink the Policy. Vaccines 2021, 9(7), 693)。

 

このデータも高齢者に当てはまることです。

 

若年者だけに限定すると、死亡率が実質ゼロでは枠●●によって命が救われることはありません。しかし、今回の木下選手のように枠●●によって死亡者だけを出すということになります。

 

自己保身だけの専門家、ネットで嘘情報を拡散しているバイト要員や軽い心理操作で洗脳されている大衆は、この事実をしっかりと見つめて頂きたいと思います。

 

さて、新型567に関しては、この生物兵器である枠●●だけでなく、様々な医薬品が予防や治療として提唱されています。これらは毒性が強いもので、決して服用してはいけない代物であることは何度お伝えしても足りないくらいです。

そして、サプリメントも同様です。

 

サプリメント(ほぼ原材料は中国産)で安全なものはほとんどありません。

今回はその中でも研究論文として頻出していた新型567に効果のあるとされるビタミンDについての雑談をお伝えいたします。

 

ビタミンDも現代医学や一般健康常識では、事実とは真逆のことが伝えられています。

今回もリアルサイエンスの大切を知って頂ければと思います(^_−)−☆。

雑談シリーズ「ビタミンDに関する小話」。

 

関連記事

  1. 『アジュバントはワクチンだけでないー農薬、殺虫剤の危険性』

  2. 『悪質な「糖悪玉説」を撃退する3〜リアルサイエンスシリーズ』

  3. 『中国はなぜ新型コロナウイルス感染症の封じ込めに成功したのか?』

  4. 『親・家族の役割を見直そう〜俯瞰シリーズ』

  5. 『意識がないと死亡しているのか?』

  6. 『もっと甘いフルーツはいかが?』

  7. 『「グリホサート擁護論」を斬る〜リアルサイエンスシリーズ』

  8. 『仕事の合間の雑談シリーズ〜「ワクチン接種者から感染する」ってどういう…