『塩水の効用』

 

新型567の研究が進むにつれ、様々な物質(といっても医薬品ですが・・・)が感染予防に有効であることが報告されるようになっています。

 

しかし、医薬品は過去記事でもお伝えしたように、中長期的にむしろ医原病を作ってしまいます。

もちろん、薬剤の90%以上を占める添加物の混入やコンタミネーション問題もあります。

 

そのような環境に負荷をかける石油化学製品である医薬品よりも、もっとシンプルかつ有効な方法があると言ったら、製薬会社を所有している権力者および既得権益者(医師を含む)たちはさぞかし顔をしかめるでしょう。

 

新型567PCR陽性かつ軽度〜中等度の症状で入院している25人(18~80 歳)を対象に塩水を鼻から吸い込んで鼻咽頭を洗浄するという昔ながらの方法で、PCR検査を再検討した研究です(First report of reduced severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 viral load after nasopharyngeal wash with hypertonic water. Qeios, CC-BY 4.0 · Article, July 1, 2021)。

 

PCR検査は、Ct値(増幅サイクル数)を塩水の洗浄前後で比較しています(塩水を用いないコントロール群とも比較)。

 

塩水で洗浄したのは20人。洗浄していないコントロール群は5人です。

Ct値は、ウイルス量の推定に用いられています。

 

その結果、塩水で洗浄したあとでは、平均して17.3%のウイルス量の低下が認められたのに対し、塩水を用いなかったグループではウイルス量の変化はありませんでした。

 

この実験対象者は、入院していますので、すでに糖のエネルギー代謝が著しく低下している人たちです。

それでも塩水を鼻に通すだけで、この結果が得られているのです。

 

ちなみに、今回の塩水は、5%の海水よりも濃い塩水です。

その塩水25mlを6時間以内で3回洗浄しています。

私も今回の左目の手術後に定期的に塩水で両目を洗い始めしたが、術後に一切医薬品の点眼を使用せずに済みました(ステロイド、抗生物質や抗炎症剤の点眼が処方されました(^_−)−☆)。

もちろん、今回の研究は少人数の実験ですので、再現性を確かめるために大規模の臨床試験の結果が欲しいところです(製薬会社やその手下の当局は、このような研究に資金を出しませんが、ファクトチェックで否定するために資金を出しています(^_−)−☆)。

少なくとも、枠●●よりは、はるかに予防効果が高い結果が出るでしょう。しかも、副作用がまったくありません(^_−)−☆。

定期的に鼻や喉に塩水を通しておくだけで、環境中に浮遊しているエクソソームや毒性物質に対する粘膜防御が強化されることは間違いないでしょう(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『“コロナとインフルは同じ?寝言を言うな!”という上から目線』

  2. 『なぜプロバイオ、プレバイオで糖尿病になるのか?』

  3. 『結核と新型コロナウィルス感染症(COVID-19)』

  4. 『バッタの大発生も予言通り実行されていた!』

  5. 『利己的を超えるもの』

  6. 『世界一の新型コロナワクチン接種国にパンデミック第二波??』

  7. 『教科書が間違っていた!:緑内障も自己免疫疾患』

  8. 『母乳を分解できない乳児たち』