『スパイクタンパク質の環境汚染』

権力者に忠実なバイデン、トルドー、マクロンたちは、遺伝子注射の強制を強力に推し進めています。

バイデン政権では、なんと個人間のショートメッセージ(SMS)などでも反遺伝子注射に関するメッセージを一掃するように計画しているといいます(『‘Potentially a death sentence’: White House goes off on vaccine fearmongers』Politico, 07/13/2021)。

ディストピアはそこまで来ています・・・・・・

 

さて、2020年には、新型コロナウイルスが下水中に認められたという複数の報告がなされました(Making waves: Wastewater-based epidemiology for COVID-19 – approaches and challenges for surveillance and prediction. Water Res. 2020 Nov 1; 186: 116404)(SARS-CoV-2 in wastewater: State of the knowledge and research needs. Review Sci Total Environ. 2020 Oct 15;739:139076)。

これはヒトの排泄物(便、尿など)に新型コロナウイルスが認められていることから、すでに環境中に大量の新型コロナウイルスなる人工ウイルス粒子が蓄積しているはずです(Shedding of SARS-CoV-2 in feces and urine and its potential role in person-to-person transmission and the environment-based spread of COVID-19.  Sci. Total Environ. 2020;749)(Infectious SARS-CoV-2 in feces of patient with severe COVID-19.  Emerg. Infect. Dis. 2020;26(8):1920–1922)。

さらに・・・・

2021年に世界中の国民に強要された遺伝子注射接種によって、環境中はスパイクタンパク質の汚染が深刻になっているはずです(過去記事でお伝えしたようにmRNA遺伝子注射の翌日からスパイクタンパク質が血液を循環している)。

 

 

この人工スパイクタンパク質の環境中への放出はどのような影響を与えるのでしょうか?

 

 

水中に棲息しているオタマジャクシを使ってスパイクタンパク質の影響を調べた研究が報告されました(Toxicological insights of Spike fragments SARS-CoV-2 by exposure environment: A threat to aquatic health? J Hazard Mater. 2021 Oct 5; 419: 126463)。

 

 

その結果、オタマジャクシの体内では、スパイクタンパク質の暴露によって、活性酸素種、一酸化窒素などのストレス物質が濃度依存性に増加しました(アセチルコリンエステレース(acetylcholinesterase, AChE)という酵素も反応性に高くなった)。

 

このことから、水中の生物にもスパイクタンパク質は悪影響を与えることが分かりました。

 

 

最近は、各国政府のパペットたちが、狂ったようにリアルサイエンスを投げ捨てて、世界経済フォーラムのグレート・リセットそのままの政策を押し付けています。

狂気の沙汰である遺伝子注射の強制接種も私たち「useless class(by Yuval Noah Harari)」の削減だけに終わらずに、環境中の生命体にも悪影響を与えることで、必ず権力者たちにもブローバックします(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『お米に含まれる猛毒を抜く方法』

  2. 『強制ワクチン:11歳は“成人”と認めたワシントン』

  3. 『蛍光灯の下で気分が悪くなるのは何故か?』

  4. 『仕事の合間の雑談シリーズ〜メラトニンって実際どうなの?』

  5. 『デンタルフロスの盲点!』

  6. 『脱毛(alopecia)を早期に発見する方法』

  7. 『フード(food)専制主義もマッチ・ポンプでやってくる』

  8. 『ゲノム編集(GE)と遺伝子組み換え(GMO)は何が違うの?』