『仕事の合間の雑談シリーズ〜「遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標」』

 

遺伝子注射接種後の体内の変化を反映する指標についてのご質問についてお伝えしています。

酸化鉄、酸化グラフィンやシリカのナノ粒子による炎症一般の指標以外に、スパイクタンパク質による変化を反映する指標は何でしょうか?

 

スパイクタンパク質が何に作用するかを考えれば、答えは出てきます。

 

少し医学的知識が必要ですが、確実に自分の体で遺伝子注射によるスパイクタンパク質が産生されている、あるいは遺伝子注射接種者からのスパイクタンパク質感染を受けている指標として有用です。

 

遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標

関連記事

  1. 『あなたがガンと宣告されたとき』

  2. 『チャイルドシートの危険性』

  3. 『ストレス軽減に有効なヨガとは?』

  4. 『発酵食は新型コロナウイルス感染に有効か?』

  5. 『温熱療法はどこに効いているのか?』

  6. 『遺伝子ワクチンの人体実験の幕が切って下ろされた』

  7. 『”スマート”はクール?:ナノ奴隷から脱出する方法』

  8. 『”困ったときの「ステロイド」”は正しいのか?』