『仕事の合間の雑談シリーズ〜「遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標」』

 

遺伝子注射接種後の体内の変化を反映する指標についてのご質問についてお伝えしています。

酸化鉄、酸化グラフィンやシリカのナノ粒子による炎症一般の指標以外に、スパイクタンパク質による変化を反映する指標は何でしょうか?

 

スパイクタンパク質が何に作用するかを考えれば、答えは出てきます。

 

少し医学的知識が必要ですが、確実に自分の体で遺伝子注射によるスパイクタンパク質が産生されている、あるいは遺伝子注射接種者からのスパイクタンパク質感染を受けている指標として有用です。

 

遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標

関連記事

  1. 『悪夢を見るメカニズム:リアルサイエンスシリーズ』

  2.  『ロングコビットの実態〜リアルサイエンスシリーズ』

  3. 『近親結婚はなぜ勧められないのか?』

  4. 『なぜ田舎の方が不健康なのか?』

  5. 『日常のストレス解消に最も効果的な方法』

  6. 『精神科は精神病よりも重症である』

  7. 『ダイエットしたいなら”好奇心”を持つこと!』

  8. 『フェイク医学の現状報告』