『仕事の合間の雑談シリーズ〜「遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標」』

 

遺伝子注射接種後の体内の変化を反映する指標についてのご質問についてお伝えしています。

酸化鉄、酸化グラフィンやシリカのナノ粒子による炎症一般の指標以外に、スパイクタンパク質による変化を反映する指標は何でしょうか?

 

スパイクタンパク質が何に作用するかを考えれば、答えは出てきます。

 

少し医学的知識が必要ですが、確実に自分の体で遺伝子注射によるスパイクタンパク質が産生されている、あるいは遺伝子注射接種者からのスパイクタンパク質感染を受けている指標として有用です。

 

遺伝子注射接種後の 生化学反応の指標

関連記事

  1. 『地球温暖化も真逆の事実〜リアルサイエンスシリーズ』

  2. 『なぜ妊婦は血糖値が高くなるのか?』

  3. 『飲んではいけない食品:野菜ジュース〜リアルサイエンスシリーズ』

  4. 『低血糖は良いことか?~その2』

  5. 『次亜塩素酸と新型コロナウイルス感染について』

  6. 『自殺の報道の陰にあるもの〜リアルサイエンスシリーズ』

  7. 『歯のフッ素症(dental fluorosis)の蔓延』

  8. 『アストラゼネカの新型コロナ遺伝子ワクチンも死亡例続出』