『仕事の合間の雑談シリーズ〜「ワクチン接種者から感染する」ってどういうこと?』

 

今日は、ファイザー、モデナ、アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソンについての新型コロナ遺伝子ワクチン(遺伝子注射)接種者からの感染についての雑談です。

 

「遺伝子ワクチン接種者からの感染という現象はデマだ」と政府、マスコミをあげて火消しに必死です。

 

しかし、今回の新型コロナ遺伝子ワクチンに限らず、あらゆるワクチン接種者から感染という現象が認められています(拙著『ウイルスは存在しない』『ワクチンの真実』参照)。

今回は、リアルサイエンスの見地から、「ワクチン接種者から感染する」という現象をお伝えしています。

すでにチリ、イスラエル、シンガポールなどのワクチン接種先進国では、過半数の国民が接種を完了させています。

このような状況(post mass roll-out)で、私たちがサバイバルしていくために必要なことは。。。。。。。

 

 

ワクチン接種者から感染する」ってどういうこと?

 

 

関連記事

  1. 『なぜ歳をとるほど1日が早く過ぎ去るのか?』

  2. 『遺伝子ワクチンはなぜ重症化を防ぐとされるのか?:リアルサイエンスシリ…

  3. 『ロックダウンは子供に深刻な影響を与えるからワクチン??』

  4. 『運動が骨を強くする仕組み』

  5. 『子宮頸がんワクチンは必要か?』

  6. 『GMコーンとPM2.5』

  7. 『市販のサプリメントはなぜ危ないのか?』

  8. 『濃縮還元ジュースは飲むに値するか?』