『家畜にみるワクチンと感染症の関係』

現在、また1年ぶりに中国の養豚場で、新種のアフリカ豚熱(African swine fever)が流行しているといいます(『New China swine fever strains point to unlicensed vaccines』REUTER, JANUARY 22, 2021)。

2019年には、EVENT201のシナリオ通り、中国の養豚場のアフリカ豚熱(African swine fever)の流行から、新型コロナウイルス感染症がスタートしました。

今回の流行は、豚を死に至らしめるまではいかずに、慢性的に不調に陥らせるようです。

これらの豚の検体からは、アフリカ豚熱ウイルス(African swine fever virus)の変異型が検出されたといいます。

ある2つの遺伝子がラボの実験のようにきれいに欠損しているので、人工ウイルスであることは間違いないとしています。

その人工ウイルスはどこから来たのでしょうか?

それは、無許可のワクチン接種が行われていることが原因のようです。

今まで、アフリカ豚熱ウイルスに対するワクチンの開発は失敗に終わっていました。

私たちが毎年接種しているインフルエンザウイルスワクチンのように、ウイルスを不活性化したワクチンを作成したようですが、すぐに変異して活性型に戻ったようです(ということは、私たちへのウイルスワクチンも同じことが起こっている可能性があるということです(^_−)−☆)。

次作に詳述しましたが、このようなワクチン接種によって、むしろ新種のウイルス(本当は生命体の遺伝子の破片です(^_−)−☆)に感染しやすくなる現象が知られています。

中国という無法地帯(実験国家)では、何が起こるか分かりません。

今後もワクチンに関する知見をリアルサイエンスで積み重ねることでも、私たち自身の心身に責任をもつことができることになると思います(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『なぜ高齢者だけでなく若者も感染しやすいのか?』

  2. 『液体と固体の”砂糖”。どちらが太るのか?』

  3. 『朝鮮人参は体に良いのか?』

  4. 「酸化ストレス」を考え直そう!

  5. 『遺伝子ワクチンより効果がある方法:ノーマスク!』

  6. 『生命体にとって必要な究極の物質:塩と糖』

  7. 『群れると病原性が高まる!』

  8. 『変異種を叫ぶほど、新型コロナ遺伝子ワクチンは無効になる!』