『オランダでの暴動:いつか来た道』

現在、オランダで政府の新型コロナウイルス感染症に対する外出禁止令(curfew)に対して、若者を中心に暴動(riot)が起こっていると連日報道されています(『Covid: Dutch curfew riots rage for third night』BBC, Jan 26, 2021)。

街で車やショップを破壊したり、爆破したりなど派手な行為が動画で流されています。

はい、これはヤラセですね(^_−)−☆。

米国と同じことをやっています。

国は軍隊を持っていますから、これらの暴徒がもし存在したとしても、すぐに取り押さえることができます。

外出禁止令でなぜ、支配者に従順なオランダ政府をターゲットにせずに、街で一般市民に迷惑をかけることをするのでしょうか?

冷静に考えれば、おかしいことに気づくはずです。

オランダの暴動の裏は、米国のBLMやアンティファを動かしている人たちで間違いないでしょう(毎度お馴染みのヘーゲルの弁証法とdivide & conquerでございます(^_−)−☆)。

これは暴動の被害にあったオランダの国民の心情をより政府に従順にさせることと国民の分断の一石二鳥を狙ったものです。

これから先進国にも、この手の内部分裂を引き起こす行為が増えてくるでしょう。

それは、米国の喜劇の間に法制化された通称「国内テロ対策法」を世界中で発令させるからです。

日本も太平洋戦争のときの悪法であった国内テロ対策法の「治安維持法」がまた制定化されるでしょうか?

いや、今の日本人は白人のような元気はないので、お昼のワイドショー、ユーチューブ(テレビよりタチが悪い)とSNSさえあれば、この法律さえ必要ないかも知れませんね(^_−)−☆。

世界では、フェイクパンダミックおよび世界政府の非人道的な政策と闘っている市民がいる・・・と勘違いして煽動されないようにしましょう(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『なぜ冷奴(豆腐)にショウガなのか?』

  2. 『やはりマスクは危険である』

  3. 『新型コロナ遺伝子ワクチンと交通事故:どちらか死亡率高い?』

  4. 『WHO指針:ワクチン反対者への対策法〜その2』

  5. 『ファイザーの遺伝子ワクチンのまとめ』

  6. 『ペドフィリア(小児愛)をリアルサイエンスで斬る』

  7. 『WHOの真意は?:新型コロナウィルス抗体について』

  8. 『音楽の持つ力~未熟児の脳機能障害は、音楽で改善する』