『権威に反対するものは、エストロゲンを!』

権威的人物に向けられる怒りにもとづいた不服従、反抗、挑戦的行動」

これは、良識があれば当然の行為です。

なぜなら、この人類社会の権威というのは、極めて心身が不健全な人間たちが作り出した人工物(汚物)だからです。

現在、急速に進行しているグレート・リセット(西アフリカでは、ゲイツとマスターカードが、ワクチン履歴が分かるチップと仮想通貨の支払いを組みわせた新型コロナワクチン接種(trust stamp)を近日中に施行する予定)に対抗するには、この権威や権力に対する“不服従”が鍵になります。

ところが・・・・・・

この権威に反対する行動が6ヶ月以上持続すると、めでたく精神障害と診断されます!

これを児童期では「反抗挑戦性障害(Oppositional defiant disorder ; ODD)」、成人では行為障害(conduct disorder、CD)と診断されます(DSM-5)。

OMG!

米国において、2019年6月25日に少年鑑別所(juvenile hall)で保護観察となった16歳の少年に行われた処置に対して訴訟が起こりました(https://witnessla.com/new-lawsuit-tells-of-16-yr-old-boy-allegedly-forced-by-probation-officials-to-take-estrogen-as-medication-to-control-his-behavior/?fbclid=IwAR2sGu95LCWGLg9Pz1v4eRpkv39SNIoHHfPF-CZ4-A-hH93TxUw7zvMN1B4)。

この少年の両親に承諾を得ずに、勝手に血液および尿検査をしたところ、テストステロンの数値が若干高かった(これも本当かどうか分かりません)という結果だったようです。

そこで、鑑別所の医師は、この少年を「反抗挑戦性障害(ODD」と診断し、両親の承諾を得ずに勝手にエストロゲンを頻回投与したのです(最初の3回はエストロゲンのワクチン接種を施行されたといいます。)。

その少年はしばらくすると、精神が不安定になり、抑うつ状態になって、物事に集中することが不可能になりました。

そして、顔などを中心に吹き出物が噴出し、胸が女性のように出てきました。

エストロゲンの主作用ですね(^_−)−☆。

その少年は、13回目のエストロゲン投与を拒否したため、医師が両親に連絡したところ、この悪行が発覚したというものです。

現代も731部隊は健在です・・・・・

良識のある人間は精神病に。

健康な人間は、エストロゲンやプーファ で病気に。

この事件は、現在の汚染された人類社会とフェイクサイエンスの両方を適切に反映していますね。

「今だけ、金だけ、自分だけ」の心身の不健全な人間たちは、なんとか権力や権威にすり寄って延命を図ろうとするでしょうが、今回のリセットでは、その“奴隷根性”も通用しません(それは少数の権力者の直接支配が可能になるから。男芸者に間接統治させる必要はなく、十分AIで直接支配できる。命乞いしても一刀両断されて、今よりも生きた尸になる。)。

いまや、反抗挑戦性障害(ODD)、行為障害(CD)とレッテル貼りされる人こそは、良識のある最期の望みのある人なのです(^_−)−☆。

関連記事

  1. 『ネガテイヴな感情・思考を手放すと「あなたはよみがえる」』

  2. 『新型コロナウィルス感染症(COVID-19)と脂質の関係』

  3. 『無過失責任と新型コロナウイルス感染症治療』

  4. 『太るのは脂肪燃焼不足??』

  5. 『ガンが糖尿病をつくる!』

  6. 『ファステイングとカロリー制限の真実!』

  7. 『群れると病原性が高まる!』

  8. 『なぜ歳をとるほど1日が早く過ぎ去るのか?』