『新型コロナウイルス感染にも保護ホルモン!』

ロサンジェルスの病院(Cedars-Sinai Medical Center)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の女性の重症例は、更年期以降がほとんどであることから、あるホルモンが有効ではないかと臨床試験を開始しています(「A Single Center, Randomized, Controlled Trial of the Safety and Efficacy of Progesterone for the Treatment of COVID-19 in Hospitalized Men」)。

あるホルモンとは・・・・・

プロゲステロン

閉経以降は、プロゲステロンが低下し、エストロゲンが優位になることが感染症と関係しています(医学の教科書はまだ逆を教えている)。

エストロゲンはプーファ、コルチゾールやセロトニンと同じく強い免疫抑制作用を持っています。

プロゲステロンは最強の抗エストロゲン物質であるため、感染症の特効薬となるのです。

私はプロゲステロンについては、過去に犯した過ちを今での大変申し訳なく思っています。

当時(8〜9年前)、ようやく糖のエネルギー代謝が全てを決定することを理解し始めた時でした。

それは、生理不順、甲状腺機能低下、関節リウマチの症状を呈していた若い女性に、医薬品のプロゲステロン(synthetic progestins)を処方したことです。

プロゲステロンが糖のエネルギー代謝を高める保護ホルモンであり、かつ強力な抗エストロゲン作用を持つことで、あらゆる慢性病の根治治療に使えると考えていました。

ところが・・・・・・・・・・・

すぐに投薬を中止したので、明らかな副作用は出ませんでしたが、その女性の症状が一向に改善しなかったのです。

ここで私の最大の過ちは、医薬品の合成プロゲステロンは、私たちが糖から体内産生するプロゲステロンとは正反対の作用をすることを知らなかったことです。

以前にもお伝えしましたが、私たちが体内産生するプロゲステロンは乳がんを縮小させます(Sci Adv. 2016 Jun 24;2(6):e1501924)。

その一方で、医薬品の合成プロゲステロンは、逆に乳がんを増大させるのです(Int J Oncol. 2005 Jun;26(6):1507-15)。

さらに、医薬品の合成プロゲステロンは動脈硬化を促進し、心筋梗塞など心臓血管疾患のリスクを高めます(Climacteric. 2009;12 Suppl 1:96-101)。

これは、医薬品の合成プロゲステロンは実質的にエストロゲン製剤であることを示しているのです。

現代医学には、根強く「エストロゲン賛美」(医師はその理由を知らない)があるので、どうしてもそれに釣り合う様にするためには、抗エストロゲン作用を持つ「プロゲステロン」を悪者にしないといけません。

そのために、今までのプロゲステロンの実験にはたくさんの仕掛けがしてあります(『糖のエネルギー代謝と不妊・更年期障害・生理不順』参照)。

今回の臨床試験の結果は、1年後に分かるようです。使用しているプロゲステロンが私たちの体内で産生されている本物(bioidentical)でない限り、医薬品の合成プロゲステロンでは逆に感染症を悪化させる結果に終わるでしょう。

ブドウ糖や果糖からLDLコレステロールを経て産生される体内のプロゲステロンと医薬品の合成プロゲステロンとは正反対の作用をすることを医療関係者は当然のこと、一般の皆さんにも知っておいて頂きたいと思います。

 

関連記事

  1. 『新型コロナ:サイトカインストームと糖のエネルギー代謝』

  2. 『感染症に有効な物質とは?』

  3. 『「マスクが感染予防に最も有効」はフェイクサイエンス』

  4. 『がんは糖質制限するとどうなるか?』

  5. 『抗がん作用が謳われている物質について』

  6. 『とうとうここまで来たか:「乳児用液体ミルク」』

  7.  『野菜とがんの転移の関係』

  8. 『風邪、感冒症状には薬よりハチミツ!』