『野菜とがんの転移の関係』

 

野菜は本来、植物であり、捕食者に食べられないようにたくさんの毒をしのばせています。

ヴィーガンやベジタリアンなどが生野菜や野菜ジュースを勧めているのは、この基本的なサイエンスをなおざりにしているに過ぎません。

野菜を食べる時には、せめて毒を少しでも軽減するように加熱調理しないといけません。

その野菜に含まれる毒物の一つに「アグリチニン(agglutinin)」があります。

この「アグリチニン(agglutinin」は、接着因子といって、細胞を何かにくっ付ける役割があります(元々は、赤血球同志をくっつけて凝集させるという意味)。

癌細胞に増殖・転移おいては、このアグリチニンと同じ役割をする接着剤(galectin-3)を使っています。

私たちがピーナッツを摂取すると、このアグリチニンの血液濃度が上昇することが分かっています。

癌細胞はこの植物中のアグリチニン(この実験ではピーナッツ・アグリチニンを使用)を接着剤として血管に接着し、増殖・転移することが報告されています(Carcinogenesis, 35 (12), 2815-21 Dec 2014)。

ちなみに、インフルエンザウイルスやある種のバクテリアは、このアグリチニン(ヘマグルチニン(hemagglutinin、HA))を利用して私たちの細胞に取りつきます。

野菜には、この他にもプーファ、フェノール(甲状腺障害)、タンニンやタンパク質分解酵素(trypsin-inhibitors)などの毒物を仕込んでいます。

したがって、野菜を食べるのであれば、かならずこれらの毒性をなるべく軽減させないといけないのです。

 

関連記事

  1. 『新型コロナウイルス感染に最も大切なこと』

  2. 『“ホルモン療法”と認知症の関係!』

  3. 『枠●●の中に入っている遺伝子はどうなっているのか?』

  4. 『乳酸はガン増殖のキープレイヤー』

  5. 『赤肉悪玉説は本当か?』

  6. 『防カビ剤は安全か?』

  7. 『次亜塩素酸と新型コロナウイルス感染について』

  8. 『ワクチン接種後にはがん検診を行ってはいけない理由』