『子供の成長障害とウイルス感染』

 

皆さんは、現代医学でバクテリアに感染するウイルスが想定されていることをご存知でしたでしょうか?

現代医学では、このウイルスを「バクテリオファージ(bacteriophages)」と呼んでいます。

このウイルスはバクテリアに感染して、バクテリアを死滅させるものもあれば、バクテリアをスーパー耐性菌に変身させるものもあるとされています。

最新の研究で、このウイルスが腸内細菌に感染して、その結果子供の成長障害を引き起こすことが報告されています(Cell Host & Microbe, 2020; 27 (2): 199)。

この研究では、14〜38ヶ月の健康な子供と成長障害を起こした子供の便の遺伝子解析をしたところ、バクテリオファージ(bacteriophages)の違いが明確に認められたと言います。

6〜23ヶ月の子供では、バクテリオファージが腸内細菌を変化させることが分かっている様です。

このことから、成長障害を引き起こしているのは、特有のバクテリオファージが腸内細菌に感染して変身したバクテリアが増加することが原因であると推定しています。

以前に、インフルエンザの症状は、大腸菌にインフルエンザウイルスが感染して、エンドトキシンを発生させることだとお伝えしてきました。

上気道など呼吸器感染するインフルエンザウイルスがもたらす症状は、気管支や肺だけでなく、関節・筋肉痛、消化器症状など多岐に渡ることから、エンドトキシンによる炎症であると考えています。

また、今回の新型コロナウイルスも、ある肺炎を引き起こす常在バクテリアに感染し、バクテリアがより肺炎を引き起こしやすい(ヒトの気管支、肺胞、間質の細胞に接着しやすくなる)形に変化することをパレオ協会ニュースレターでもお伝えしました。

しかし、バクテリアは、人間と同じく、ストレスがかかると、遺伝子などを細胞外へ放出します。

これがバクテリアに感染するウイルス、つまりバクテリオファージと勘違いしているのではないかと考えています。

新型コロナは人造のものなので、実際にバクテリアに感染すると思いますが、今回の研究の様に、通常のバクテリオファージに見えるものは、実際はバクテリアのかけら(遺伝子など)を見ているものであると考えています。

生物兵器を開発している研究者は、すでにこのことには気づいているのではないかと疑っています。

この話題は、現代医学の微生物学や感染症の分野の存在そのものの根幹を揺るがす問題に発展していきますので、今後もあらゆる研究を注視していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 『ヘビやハチ毒と同じ“ヒト毒”は存在するのか?』

  2. 『塩水の効用』

  3. 『本当の遺伝子ワクチンの効果は1%程度』

  4. 『人と距離をとっても感染は防げない!』

  5. 『新型コロナ感染が原因で死亡者数が増加しているのか』

  6.  『小学生の方がなぜ高学歴の成人より優れているのか?』

  7. 『新型コロナウイルスの遺伝子ワクチン速報』

  8. 『生命体に階級があるのか?』