『原因不明の全身の痛みについて』

 

ハチミツ講座であるご婦人から、娘様のご病状の件でご相談がありました。

 

 

医師からは原因不明と言われて、医薬品での対処療法を受けておられたようです。

 

 

そのご病状とは、「全身の筋肉・関節の痛み」。

 

 

生理も止まっていたようです。

 

 

その際のアドバイスで改善されたという嬉しいメッセージを頂いたので、ここにご本人の許可を得てシェアいたします。

 

 

(転載開始)

 

ハチミツ講座に参加させていただきました。

 

その節は娘の件で、アドバイスを頂戴し、ありがとうございました。

 

先生から、筋痛性脳脊髄炎(線維性筋痛症)だろうと言うことで、

アドバイス頂いた通りにプーファフリー、ボーンブロススープと糖分の補給、乳製品の摂取、また酷い生理痛の為に、大豆製品を味噌醤油以外は一切やめました。

 

あれから2回の生理を迎え、今まででは考えられなかったような軽い痛みだけで、乗り切ることができました。

 

食事でここまで変化するとは、考えられない事でしたので、驚きました。

 

先生のご助言のおかげさまと、深く御礼申し上げます。

 

 

(転載終了)

 

これは若年者で頻発している典型的な慢性炎症疾患で、筋痛性脳症/慢性疲労症候群(myalgic encephalopathy/chronic fatigue syndrome)と言います。

 

 

この病態は、糖のエネルギー代謝がストップすることで引き起こされます(JCI Insight. 2016 Dec 22; 1(21): e89376)。

 

 

実際に糖のエネルギー代謝を高めると、症状が著明に改善します(Med Hypotheses. 2018 May;114:45-48)。

 

 

そして、この病態の疲労の原因は、乳酸とセロトニンの蓄積です(PLoS One. 2015 Jul 6;10(7):e0130643)(J Clin Psychiatry. 2010 May;71(5):528-33)。

 

 

レディガガの記事でもお伝えしましたが、シンプルに糖のエネルギー代謝を回すだけで、現代医学で治療困難とされる難病が根治できるのです。

関連記事

  1. 『牛乳アレルギーの正体!』

  2. 『皮膚がんの人が長い生きの理由』

  3. 『なぜカフェオレを飲むと気分が悪くなるのか?』

  4. 『慢性的な逆境で心身が病む仕組み』

  5. 『ファスティングでなぜ新型コロナ陽性になるのか?』

  6. 『コラーゲンで傷が治る理由!』

  7. 『大豆粉ミルクのリスクとは?』

  8. 『NY在住の方からの考察』