ゲイは生まれつきなのか?

LGBT(エルジービーティー)という横文字がここ数十年で流行していますね(流行は常に権力者が創作(^_−)−☆)。

みなさんはご存知でしょうか?

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の総称で、これを認めろ!という運動が“何者か”の資金によって盛んになっています。

さて、これらの一種の性異常(これもPCに引っかかるかも知れない)が起こる生物学的な原因をサイエンスで追っていました。

まずこれらの現象は、生まれつき(=遺伝)ではないということです(Science. 2019 Aug 30;365(6456). pii: eaat7693)(Hum Biol. 1998 Apr;70(2):347-65)。

それでは何が原因なのでしょうか?

そのヒントの一つが、妊娠中にエストロゲンに暴露すると、その子供はホモセクシャルに傾くことです(Front Neuroendocrinol. 2011 Apr; 32(2): 170–182)。

さらに、母親の甲状腺機能(=糖のエネルギー代謝)が低下しているとその子供のホモセクシャルに傾きやすくなります(Ment Illn. 2015 Sep 30; 7(2): 5810.)。

このことから、母体の環境がストレス過多にあるときには、子供はホモセクシャルに傾きやすくなることが分かります。

これはある意味生命体の仕組みを表していると思います。シビアな環境では、子孫を残すことにエネルギーを費やせない(自分が生きることで精一杯=現代社会(^_−)−☆)ことが予想されるために、異性への関心を失うのです。

さらに自分自身の甲状腺機能低下によって、トランスジェンダーになった興味深い症例も報告されています(Indian J Endocrinol Metab. 2019 Jan-Feb; 23(1): 166–167)。

これもストレス下のサバイバルの一つの形式であることが分かりますね。

現代は、環境汚染が極まったLGBT大量生産社会です。

これは権力者たちの優生思想に基づく操作の“結果”に過ぎず、生命体の本来の姿(満足できる環境下)ではないことだけは知っておきましょう。

その結果を社会の当然の姿と押し付けてくる“洗脳”に対しては、「生命体の基本の破壊」であり、縄文人の「道徳の破壊」が目的であることを再度腑に落として頂きたいと思います。

 

関連記事

  1. 『濃縮還元ジュースは飲むに値するか?』

  2. 『毒物は少量では薬になるのか?』

  3. 『なぜカフェオレを飲むと気分が悪くなるのか?』

  4. 『次亜塩素酸に何故こだわるのか?:認知の落とし穴』

  5. 『コロナウイルスの真実』講義

  6. 『人工ライト=ブルーライトがもたらす影響!』

  7. 『2020年:謹賀新年』

  8. 『今年のファッションはこれ!-避妊のイアリング、ネックレス』