『現代食と早熟の関係』

現代社会では、早期月経を含めた早熟傾向にあることをご存知でしょうか?

早熟は必ずしも良いことではありません。

それは、ストレス状態にあるという結果を反映しているからです。

したがって、早熟傾向では寿命が短くなることが報告されています。

その主原因が、現代食にある・・・・・・・・

現代食の何が主原因となっているのでしょうか?

それはプーファです(^_−)−☆。

早熟をもたらす重要な因子は、エストロゲンです(Minerva Pediatr. 2006 Jun;58(3):247-54)(Endocr Relat Cancer. 1999 Jun;6(2):303-6)(Treat Endocrinol. 2004;3(3):141-51)。

プーファはエストロゲン作用をするので、現代食で早熟傾向になるのです。

それ以外でも、糖のエネルギー代謝の低下(=甲状腺機能低下)でも早熟傾向になります(Indian J Endocrinol Metab. 2012 Dec; 16(Suppl 2): S188–S191)。

糖のエネルギー代謝の低下(=甲状腺機能低下)の最大の原因もプーファでした(^_−)−☆。

プーファによってもたらされた甲状腺機能低下では、エストロゲン、コルチゾールが上昇しています。

もちろん、大豆、農薬、重金属(タバコ)、放射線、カビ毒などはダイレクトにエストロゲン作用を持っていますから、現代食と相乗効果を持ちます。

そういえば、中学生時代の早熟ものは、タバコをよく吸っていましたね・・・・

以上のことは、拙著『プーファフリーでよみがえる』や『慢性病は現代食から』で述べましたので再度確認しておいて頂ければと思います(^_−)−☆。

 

関連記事

  1. 『マスクの素材とアレルギー』

  2. 『塩を制限すると太るのは何故?』

  3. 『加工食品の鮮やかな色の正体は?』

  4. 『”従順”はなぜ美徳ではないのか?』

  5. 『骨粗しょう症の本質』

  6. 『糞便の経口摂取は有効か?』

  7. 『“ホルモン療法”と認知症の関係!』

  8. 『糖のエネルギー代謝と新型コロナウイルス感染症』