『不安解消は深い睡眠から』

みなさんは、体調によって心配事が多くなるというご経験はないでしょうか?

私はこの歳になって、体調の悪い時には、心配事が多くなることに気づきました。

特に睡眠がほとんどとれなかった時には、次の日のパフォーマンスが落ちるだけでなく、些細なことで感情が揺さぶられる傾向にあります。

その逆も真で、心配事があると睡眠が妨げられるのですが・・・・

最新の研究で、深い睡眠は感情・情動をコントロールする部位の脳(内側前頭前野、medial prefrontal cortex)が活性化することが報告されました(Nat Hum Behav. 2019 Nov 4)。

逆に不眠では、この脳部位が不活性化し、感情・情動のコントロールが失われたのです。

冷静に物事を俯瞰するには、感情・情動をコントロールしなければなりません。

そのためには、まずは夜にぐっすり眠ることだということですね(^_−)−☆。

心配事が募ると夜も眠れなくなります。

 

熟睡できないとさらに心配事が募るという悪循環・・・・・

この悪循環を断つには、まずはしっかりと睡眠をとる工夫から始めてみましょう。

 

関連記事

  1. 『妊娠すると感染症に罹りにくいのは何故か?』

  2. 『新薬や遺伝子ワクチンに重大な副作用がないとされる仕組み〜再検討シリー…

  3. 『新型コロナ関連の医学論文の80%はフェイク』

  4. 『あなたの使用している”熱冷まし″は安全か?』

  5. 『胎児の発育不全とバイアグラ』

  6. 『イソジン消毒は感染症に致命傷である理由』

  7. 『うつ病の特効薬は?』

  8. 『乳化剤と脳卒中の関係』