『脱毛(alopecia)を早期に発見する方法』

みなさんの髪の毛は元気でしょうか?

厳格に糖質制限やマクロビなどをした方の悩みのひとつが、脱毛症(alopecia)です。

心身がすでに疲労しているのに、髪の毛のことなんて・・・・・・

という方。

心身が疲労している人ほど、脱毛に悩まされることになります(^_−)−☆。

脱毛は遺伝と誤解されていると思いますが、そうではありません。

最新の研究で、脱毛を早期に発見する方法が発表されました(Scientific Reports, 2019; 9 (1))。

それは毛包(hair follicle)の電気活動を間接的に調べる方法です。

毛包(hair follicle)には、新しい髪の毛根細胞の幹細胞が多数存在しています。

実験では、磁場測定器(magnetoencephalogram or MEG )を髪の毛(毛根)に軽く圧迫して装着しました。

髪の毛の元気な人では、電気活動が観察されました。

ところが・・・・・・

すでに脱毛している人では、電気活動が全く観察されなかったのです。

つまり、毛根にある毛包(hair follicle)の電気活動で脱毛が予測できるということです。

細胞の電気活動は、糖のエネルギー代謝で生まれます。

つまり、脱毛はとりもなおさず糖のエネルギー代謝の低下を意味しているのです(^_−)−☆。

毛根だけに、糖のエネルギー代謝(ミトコンドリアの酸化的リン酸化)がないというような遺伝はありません。

抗がん剤の投与や放射線治療では、完全に脱毛します。

これは、全身の糖のエネルギー代謝の低下を脱毛が反映しているからです。

なぜなら、髪の毛も脳と同じく非常にエネルギー消費の高い組織だからです(エネルギー需要の多い脳、髪の毛や骨髄が最初に影響を受ける)。

親がハゲているから、将来が心配というあなた。

 

髪の毛のエネルギー代謝を調べると将来が予測できるかも知れません。

いずれにせよ、脱毛を防ぐには、短期的に何か薬剤を頭皮にすり込むことでは、根本解決にはなりません。

最低は5年くらいかけて、じっくりと糖のエネルギー代謝を高めることに専念しましょう。

 

関連記事

  1. 『蘇るジャンナーの種痘〜俯瞰シリーズ』

  2. 『カフェイン悪玉説とプーファフリー〜オメガ3神話をやめると病は治る』

  3. 『支配的パラダイムの崩壊:薬剤フェイク(コレステロール降下剤)編』

  4. 『低カロリー甘味料の危険』

  5. 『遺伝子枠●●フル接種者は5倍の死亡率〜変異型シリーズ』

  6. 『オメガ3の真実:続プーファ・フリー』の実体験

  7. 『利己的を超えるもの』

  8. ◆パレオ協会Q&A◆ 『虫歯の自然治癒について』