『牛乳アレルギーの正体!』

 

今日は、先日書き上げたパレオ協会ニュースレター『牛乳アレルギー再考』の内容をここでもシェアしたいと思います(^_-)-☆。

みなさん、「牛乳アレルギー」と聞くと、カゼイン(ケイシーン)やホエイなどのミルクタンパクがアレルゲンだとお考えになっていないでしょうか?

私は、5年前からカゼインやホエイはアレルゲンになり得ないことをお伝えしてきました。

それでは一体、牛乳の何が一部の人に激しいアレルギー反応を起こすのでしょうか?

私は、卵アレルギーや花粉症の本当の原因がプーファにあることを突き止めました(『オメガ3の真実』参)。

そして、牛乳アレルギーのあるお子さんは、同時に卵アレルギーがあることから、牛乳アレルギーもプーファの仕業に違いにないと踏んでいました。

しかし、牛乳は飽和脂肪酸リッチでほとんどプーファはありません。ここがプーファが少なからず含まれる卵との大きな違いです。

それではどうして牛乳にアレルギーが起こるか??・・・・・・・

ハチミツの論文を渉猟するうちに、牛乳が食品の中で2番目に偽装が多い(異物混入 adulterationされている)ことを知り、ひょっとするとここに真相があるのではないかと調査を進めました。

なんと飽和脂肪酸リッチの牛乳に、植物油脂というプーファを高率に混ぜるという偽装が常習化されていたのです(Food Chem. 2017 Apr 15;221:1232-1244)。

Bingo!

私も少なからずこの研究を読んで驚きました。

なぜなら牛乳や乳製品は他の食品の原材料となるものです。

原材料自体がすでに偽装されている・・・・・・・・( ;∀;)

オリーブオイル(ほとんどは質の悪いプーファが混ぜられている(^_-)-☆)とまったく同じ種類の食品詐欺です。

さらに・・・・・

牛乳には、ホルムアルデヒドが防腐剤という名目で混入されています( ;∀;)

ホルムアルデヒドは、拙著『プーファフリーであなたはよみがえる』に詳述したように、国際ガン研究機関(IARC)も認める”立派な”人体への強力な発がん物質です。

そのうえに・・・・・・

洗剤(界面活性剤、detregent)も混入されています。

まだまだあります・・・・・・・

牛乳のタンパク質量を増やすために、あの中国産の食品に必ずといて良いほど混入されているメラミン()や植物プロテインまで混入されているのです!

OMG!

植物プロテイン(とくに穀物やGM作物)に含まれているトリプシン阻害剤やプロフィリン(パレオ協会ニュースレター参)などはアレルゲンになることが報告されています(J Proteomics. 2013 Nov 20;93:40-9)。

特にGM作物の植物プロテインはアレルゲンとなるものが多いです。

このような偽牛乳を飲むと・・・・・

植物油脂(プーファ)から形成されているアルデヒドや元から含まれているホルムアルデヒドと小腸粘膜細胞の成分やミルクに混入される植物プロテインが結合します。

これを「終末脂質過酸化産物(ALEs)」といい、マクロファージなどの白血球を過剰刺激する抗原(ダンプス、DAMPs)となります(『新・免疫革命』、『続・新免疫革命』参)。

これらの「終末脂質過酸化産物(ALEs)」は、牛乳に混入される界面化製剤によってリーキーガットになった小腸粘膜から、フリーで血液内に入って全身を循環します。

これが激しいアレルギー反応を引き起こします。

糖のエネルギー代謝が回っていないと、アナフィキシーショックまで発展します。

リーキーガットで血液内に流入するのは、「終末脂質過酸化産物(ALEs)」だけではありません。

メラミンなどの炎症性物質もさらにアレルギー反応を悪化させます。

これらの「終末脂質過酸化産物(ALEs)」は将来の自己免疫疾患の素地(そしてガンへ発展)なるため、アレルギー反応を起こして拒絶するのです(^_-)-☆。

これは私がずっとアレルギーと自己免疫疾患を分けて考える現代医学の理論に疑問に思っていたことの結論です。

「アレルギーの自己免疫疾患(&がん)予防説」という崎谷理論です(^_-)-☆。

アレルギーというのは、実は将来の自己免疫疾患やガンを予防する生体反応といって良いでしょう。

つまり、強いアレルギー反応を起こすことで、将来の自己免疫疾患やガンなどの慢性病の原因となる「終末脂質過酸化産物(ALEs)」の暴露を避けるということです。

アトピー性皮膚炎も、このアレルギー反応の一種で、皮膚から「終末脂質過酸化産物(ALEs)」を排出しているのです。

この私のアレルギー理論(欧米でもまだ語られていません(^_-)-☆)は遠い将来の医学では、真摯な研究者の間でジワジワと拡がっていくことでしょう(#^^#)

話は少しそれましたが、「牛乳悪玉説」と私が5年以上前から講義でお伝えしてきた真相は、この食品偽装にあったのです(^_-)-☆。

食品偽装を今回は随分と調べましたが、牛乳にそれが極まっています。

また現代のサイエンスで解明されていない大きな”謎”が一つ解けましたね(#^.^#)

私たち人体にとって、本来、本物の牛乳は植物よりはるかに安全な食品なのです(^_-)-☆。

 

関連記事

  1. 『”グルテンフリー”って本当??』

  2. 『抗がん作用が謳われている物質について〜その2』

  3. 『100歳以上の長寿の秘訣は?』

  4. 『フルクトース(果糖):最新の臨床実験の結果は?』

  5. 『その「米国産」のフルーツは大丈夫?』

  6. 『現代医療もとうとう認めたうつ病の根本治療!』

  7. 『宇宙旅行は可能か?』

  8. 『ガンを増大させる処方薬とは?』