『中性脂肪が高いということは“悪い”ことか?』

 

「中性脂肪」と聞くと、あまり良い響きではないと思います。

肥満、糖尿病、動脈硬化、炎症・・・といったイメージでしょうか。

しかし、中性脂肪もその内容によって、まったく違うということをご存知だったでしょうか?

中性脂肪は「糖アルコール+脂肪酸X3」という形態をしています。

この脂肪酸が飽和脂肪酸か不飽和脂肪酸かによって、中性脂肪のもつ意味合いがガラッと変わってきます。

よくフルクトース(果糖)の批判の矢面に立つのが、「中性脂肪を高める」作用です。

実は、果糖を1日かなりの量を摂取しないと中性脂肪には変換されません(一般の食事では不可能)。

しかし・・・

ストレス時には、果糖は体を守るために中性脂肪合成を促進します(その詳しいメカニズムは次作のハチミツ本に詳述していきますね(#^.^#))。

これを「果糖が中性脂肪を合成するから悪い」と言っているのですから、本末転倒です。

さて、問題は、プーファ(オメガ3&6)を摂取したときです。

このときには中性脂肪の脂肪酸はプーファになります。

この場合の中性脂肪は、ストレスがかかるとリポリシスを起こして、プーファが遊離脂肪酸として放出されます。

プーファは過酸化脂質反応を受けるため、炎症ゴミとなって各組織で炎症を引き起こす原因になるのです。

その代表が動脈硬化です(Clin Chem Lab Med. 2015 Oct;53(11):1859-69)。

さて、最新の研究で、低血糖などのストレスによって脂肪組織がリポリシス(脂肪分解)されるときに、同時に中性脂肪もエクソソームという細胞外小胞(『オメガ3の真実』に詳述)に包まれて血液中に放出されることがマウスの実験で確かめられました(Science, 2019; 363 (6430): 989-993)。

 

通常はリポリシス(脂肪が溶かされる)では、脂肪細胞に蓄積されている中性脂肪が分解されて脂肪酸が血液中に放出されます(遊離脂肪酸)。

ところが、そのときに同時に分解されていない中性脂肪も放出されているのです。

研究論文では、この細胞外小胞に包まれた中性脂肪は、脂肪組織のマクロファージ(白血球)によって貪食さて、中性脂肪が分解され、かつリサイクルされるとしています・・・・・・

いやいやそんな甘いことではありません。。。。

マクロファージはお掃除役ですから、ゴミ処理として中性脂肪を含んだ細胞外小胞を貪食するのです(『新・免疫革命』『基礎医学病理学・免疫学総集編』DVD参)。

そして、その中性脂肪にプーファが脂肪酸としてあると、中性脂肪を分解したときに、フリーのプーファが出てきます。

このプーファがマクロマージ内で過酸化脂質反応を起こして、うまくゴミ処理ができなくなります(アルデヒドがゴミ処理をブロックする)。

この効果はプーファの中でもオメガ3に顕著にみられます。

そうすると、今度は炎症ゴミを抱えたマクロファージ自体がゴミ(炎症ゴミ)となります。

そのゴミとなったマクロファージを処理しようとした新しいマクロファージは、同じようにゴミ処理がうまくいかないために、それ自身がゴミになっていく・・・・・

という悪循環を繰り返すうちに、組織に線維化(動脈硬化や肝硬変)やガン化が起こってくるのです。

このように一口に中性脂肪といっても、脂肪酸が飽和脂肪酸(酸化しない)なのか、プーファ(炎症ゴミを作る)なのかでまったく体に与える影響が変わってくるのです(^^♪。

今回の研究(マウスとヒトでは違う可能性は残る)からは、血液中の中性脂肪が高いと出た場合は、ストレスがかかって脂肪組織から中性脂肪を入れた細胞外小胞が血液中に放出されていることも関係しているということは勉強になりました(^_-)-☆。

中性脂肪の値が高いというのは、必ずしも悪いことではありません(プーファの遊離を抑える)。むしろストレスがかかっていると解釈するのが妥当だということです。

中性脂肪そのものが悪さをする訳ではなく、ストレスの結果にすぎないということです。

これはHDL値が高くなることと同じですね。

ただし、中性脂肪がリポリシスで分解されて、プーファが遊離すると、一気に「病気の場」へと変化していきます。

今回は少し難しい記事になりましたが、次作のハチミツ本で詳しく説明していきますのでご安心ください。

みなさんの中性脂肪の捉え方が変わってくると思います(^_-)-☆。

関連記事

  1.  『新型コロナウイルス感染症にも屋外療法が有効な理由』

  2. 『 “腸”から始まる脳の病気』

  3. 『血糖が高いとウイルス感染になりやすい???』

  4. 『アップルジュース再考:環境汚染の指標』

  5. 『何かに“恐れる”ことは感染症を拡大させる』

  6. 『新型コロナ強制ワクチンの勧め:6つのトリガー』

  7. 『睡眠学習を向上させる方法』

  8. 『その使いまわしの油、大丈夫?』