『躁うつ病の原因はあのハッピーホルモン!』

『躁うつ病の原因はあのハッピーホルモン!』

 

 

躁うつ病という病気が教科書に記載されています。

 

私は残念ながら、20年以上臨床をやっていて、典型的な躁うつ病を見たことがありません・・・

 

気分の変動というかエネルギーの変動で躁(そう)になったり、うつになったりするだけで、このような病気は存在しないのではないかと思っています(#^.^#)。

 

では何が気分やエネルギーの変動を起こすのでしょうか?

 

それは・・・・

 

一般の健康本にハッピーホルモンと書いているセロトニンという物質。

 

最新の研究で、躁うつ病の原因はズバリ、セロトニン過剰であることが報告されています(Mol Psychiatry. 2018 Sep 13)。

 

 

ミトコンドリア病といわれる病態があります。

 

 

全身のミトコンドリアの機能が低下した病態ですが、この病態では躁うつ病が20%もみられるといいます。

 

 

また、セロトニン過剰では、ミトコンドリアの機能が低下することも分かったといいます。

 

 

これはある意味当然ですね。

 

セロトニンは冬眠物質でもあり、代謝を落とすからですね(#^.^#)。

 

 

セロトニンがハッピ―ホルモンであるという歪曲にとどめを刺す論文でした(#^.^#)。

 

セロトニンという重要なシックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)については、『ホルモンの真実3DVD』を是非ご視聴ください。驚くべき事実をお伝えしています。

ホルモンの真実3 DVD

関連記事

  1. 『生まれてくる子供の脳は何に影響されるのか?』

  2. 『フェイクパンデミックの本性が露(あらわ)に〜全体主義の到来』

  3. 『PCRに変わってAIが新型コロナを診断する』

  4. 『感染症にも高山治療:転地療法を勧める理由』

  5. 『続・新免疫革命』

  6. 『アップルジュース再考:環境汚染の指標』

  7. 『ファイザーの遺伝子ワクチンで6~13倍感染率アップ』

  8. 『遺伝子ワクチンと授乳』