『砂糖玉は薬より効果があるのか?』

昨日、ハチミツのプロフェッショナルであり、自然療法家のバニラ先生が砂糖と虫歯に関する記事を挙げておられました。

 

 

 

砂糖と虫歯は直接の関係はありません。2年前に名古屋とシンガポールで虫歯の本当の原因について講義いたしました。これもいつか著作にしないといけませんね(^○^)。

 

 

 

タイトルは『虫歯は“砂糖”で治る』にしたらびっくりするかな。。。。いや歯医者さんの批判の嵐に巻き込まれるでしょう(^○^)。

 

 

 

さて、今回はその砂糖に関する話題。

 

 

 

みなさん、プラセボという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

 

o0259019414265121784.jpg

 

有効成分の入っていない気休めの薬というと分かり易いでしょうか。

 

 

私はよくこのプラセボを使っていました。

 

 

 

とくに慢性的に強い不眠や痛みを訴える人に対しては効果てきめんでした。

 

o0275018314265122594.jpg

 

医療の現場で私が処方したプラセボは乳糖でした。砂糖は医薬品でないので、仕方なく乳糖を使用していました。

 

 

 

乳糖でも、「これが最新の最も効果のあると言われている睡眠薬 or痛み止め」ですと言って渡すと・・・・・

 

o0275018314265121467.jpg

 

 

 

「先生、おかげで昨夜はぐっすり眠れました!」という方も多かったのです(*^。^*)。

 

 

 

 

もちろん、乳糖がまったく効果がなく、医薬品を与えると効果が認められる人もいました。

 

ただし、乳糖は多くの日本人においては、分解できずに腸内バクテリアを増やす原因になるので、過剰投与は禁物です。

 

 

 

 

さて、今回慢性の腰痛を訴える129人(最終的には半数になった)を3つのグループに分けて15カ月の経過と結果を解析した研究が発表されています(Nature Communications, 2018; 9 (1) )。

 

 

一つは無治療(何も与えない)のグループ。

 

 

二つ目は、乳糖を痛み止めとして与えるプラセボのグループ。

 

 

もう一つは痛み止め(消炎鎮痛剤)の医薬品を与えるグループ。

 

 

o0275018314265121508.jpg

 

さあ、その結果はどうなったでしょうか?

 

 

 

 

な~んと痛みが軽減した効果は、この乳糖と医薬品を与えたグループでまったく同じでした(*^。^*)。

 

 

 

そして乳糖が効いた人たちの特徴。

 

 

 

それは簡単に言うと「痛みに弱い人」です。

 

 

 

このタイプは感覚刺激や周囲の環境変化に敏感で、自意識が強い傾向にあります。

 

 

 

 

脳の検査では、感情・情緒あるいは感覚のセンターが右脳の方が左の脳より大きいことが分かっています。

 

 

 

砂糖玉が効く人は、より感覚に鋭敏なのです(実際に砂糖玉に反応しなかった人より右脳の感覚野が大きい)。

 

 

 

 

実はこれは私からすると当然の結果です。

 

 

 

『糖尿病は“砂糖”で治す』で書きましたが、砂糖(ブドウ糖、果糖)は最大のストレス軽減物質だからです!(^^)!。

 

本当の痛みは障害部位からのシグナルが脳に送られてきます。

 

 

しかし、これに「痛い」という自分の情緒が重なってさらに実際の“痛み”の感覚が増幅します。

 

 

 

 

このストレスを砂糖は解消してくれるのです。

 

 

そして何よりも医薬品のような長期的に起こる複雑な副作用の心配がありません(^○^)。

 

 

この研究では、これから「砂糖玉が医薬品だよ」という嘘をつくのではなく、きちんと「痛みを感じる脳に効果がある」といって砂糖玉を処方すべきと主張しています(素晴らしい!)。

 

 

 

 

また、最近の新薬の臨床試験では、砂糖玉を与えるようなプラセボのグループと比較しないものが増えていることに警鐘を鳴らしています(これも素晴らしい!)。

 

 

 

日本人の場合は乳糖よりも砂糖、ハチミツがよいでしょう。

 

 

o0225022514265123928.jpg

 

『慢性の痛みは“砂糖”で治る』でした!(^^)!。

 

“Sugar balls are more effective than medicines!? ”

 

 

Now, today’s topic is about sugar.

Everyone, have you heard the word “placebo”?

 

It’d be easy to understand if I explain that it’s a medicine with no active ingredients to make you feel better.

 

I used to prescribe this placebo.

 

It was especially effective for people who complained about chronic strong insomnia and pain.

 

The placebo I prescribed at the medical site was lactose. Since sugar is not a medicine, I had to choose lactose instead.

 

 

Even with lactose, if I say to my patients that “These are the latest sleeping pill or pain killer which said to be the most effective” · · ·

 

Many people said to me later, “Thank you doctor, I slept soundly last night!” (* ^. ^ *).”

 

 

Of course, there were some people whom lactose didn’t work at all, and medicines worked well for them.

 

However, since lactose cannot be broken down by many Japanese due to their lack of lactase, it causes excessive intestinal bacteria increase, so overdose is contraindicated.

 

 

 

Here, a research has been published which analyzed the course and the result for 15 months with 129 people (which eventually became half) who complained about chronic lower back, and they were divided into three groups. (Nature Communications, 2018; 9 1)).

 

The first group received no treatment (administered nothing).

 

The second group was administered lactose as a pain reliever, which was a placebo.

 

The third group received a medical pain killer (anti-inflammatory analgesic).

 

Now, how did the results turn out to be?

 

Surprisingly, the effect of the pain killer was exactly the same in the group two and three, which received lactose and medicine respectively(* ^. ^ *).

 

Imagine the characteristics of the people whom lactose worked well.

Simply put, it was the people “vulnerable to pain”.

 

This type is sensitive to sensory stimulation and surrounding environmental changes, and has a strong self-conscious tendency.

 

In the examination of the brain, it is known that the center of emotion, feeling or sensation is larger in the right brain than in the left brain.

 

People who sugar balls were effective were more sensitive to senses (the sensory field of the right brain was larger than those who did not respond to sugar balls in deed).

 

Actually, this is just a natural result to me.

 

As I wrote in my book called “Sugar Cures Diabetes”, sugar (glucose, fructose) is the greatest stress relieving substance! (^ ^)!

 

In the case of an actual pain, a signal is sent to the brain from the affected area.

Notably, when “the feeling of pain” adds  up to it, the sense of actual “pain” gets amplified.

 

Sugar relieves this stress here.

 

 

Above all, we don’t have to worry about long-term complicated side effects from sugar as opposed to medicines (^ ○ ^).

 

In this research, they insisted that sugar balls should be prescribed with explanations such as “Sugar is effective for the brain that feels pain” (How wonderful!), rather than lying to say “Sugar ball is medicine”.

 

 

Also, they have alerted on the growing number of researches among recent clinical trials of new drugs which don’t conduct placebo comparison using sugar balls (This is also wonderful!).

 

For Japanese people, sugar and honey should be better than lactose.

 

This is “Sugar Cures Chronic pain”! (^ ^)!

 

関連記事

  1. 『PCR検査のもう一つの落とし穴』

  2. 『オペレーション・ムーンショット(ムーンショット計画)』

  3. 『WHO指針:ワクチン否定者への対策法〜その1』

  4. 『WHO短信:新型コロナの死亡率は0.6%!』

  5. 『イソジン消毒は感染症に致命傷である理由』

  6. 『魚油サプリメントは心臓血管疾患を予防しない!』

  7. 『感染症に効くマーマレードの効果とは?』

  8. 『WHO指針:ワクチン反対者への対策法〜その4』