『ブドウ糖が筋力を高める!!!』

あともう一歩でした。サッカー日本代表。

 

 

 

この経験も積み上げの歴史となってほしいですね。

 

 

 

予想を大きく覆す大健闘でした(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

みなさん、最近筋力が低下を自覚されていないでしょうか?

 

 

 

筋肉は継続的に使わないとすぐに委縮していきます。

 

 

 

 

筋肉が衰えていく病態は、医学的にも様々なものがあります。

 

 

 

 

筋委縮性硬化症(ALS, 筋ジストロフィー、線維筋痛症からサルコペニアまで、ほとんどが原因不明とされています(現代医学では原因不明のものは遺伝性とされます(#^.^#))。

今回、筋ジストロフィーのマウスモデルに対してブドウ糖の誘導体(Nアセチルグルコサミン)が著明な効果を示した研究結果が報告されました(The FASEB Journal, 2018; fj.201701151RRR)。

 

ブドウ糖の誘導体(Nアセチルグルコサミン)は、母乳に豊富に含まれています。

 

 

母乳の糖分としては、乳糖の次に多いものです(#^.^#)

 

 

 

 

実験では、筋力を倍にしたようです!

 

 

 

 

これが筋線維を増産したのかまではまだ確認できていないということでした。

 

 

 

筋肉をつけたい、筋力をアップしたいという人が糖質を制限するのは逆効果であることを今回の研究でも明らかになりましたね(#^.^#)

 

 

 

日々、このような地味な実験・思考の積み重ねが真実に到達する唯一の方法だと思います!(^^)!

 

 

筋トレのときには、プロテインより糖、ハチミツの補給です(^_-)-☆。

 

 

 

 

関連記事

  1. 『リスクとベネフィットを測りにかけられるか?』

  2. 『日本はどうする?アストラゼネカの遺伝子ワクチン』

  3. 『モデナの新型コロナ遺伝子ワクチンもアナフィラキシーを発症』

  4. 『新型コロナウイルス感染症と医原病』

  5. 『新型コロナ感染症死亡が急激に低下した原因』

  6. 『stand our ground!:いかなる「医療介入」も拒否できる…

  7. 『発展途上国が新型コロナの変異型の温床???』